2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるくる♪肉挽き器 - 2007.12.09 Sun

ちょっと前から、肉挽き器を探していました。
市販の挽肉は、どうも脂が多すぎる(気がする)し、最近なんだか塊肉の方が安い(気がする)ので、それだったら自分で挽きたいなあ、と思ったわけです。

最近、amazonでセールになっていました。
全身プラスチックみたいなチープさと、洗うときにどこまで分解できるか説明がないのが気になりましたが・・・本1冊分と変わらない値段に負けてしまいました(^^;)


みんさー


いちばん心配だった「分解できるのか」という点については、本体と部品が全部ばらばらにできることが分かってほっとしました。わりとシンプルなつくりで洗いやすいです。
ただ、底についている吸盤のレバーがちょっと外れやすいのが難です。

くるくる肉挽き、なかなか楽しいです(^^)

フレッシュランド カロリーミンチ FR-9116フレッシュランド カロリーミンチ FR-9116
()


詳細を見る
関連記事

● COMMENT ●

合挽き肉

margoさん、こんにちは。

いいなー、私も欲しいです・・
こちらは、豚の挽肉がないのです。
頼んだら挽いてくれるお店もまれに、まれに、まれーに、あるようなのですが、私の知っているお店ではしてくれません。
牛肉は挽いてくれるのですが、どうして豚肉はしてもらえないのでしょう・・・・
だから、ソーセージ用にあらかじめ豚の挽肉とスパイスを混ぜ合わせてあるものを買うのですが、香辛料が多すぎたり、脂部分が多すぎたり、着色料が入っていたり、なのですよ。
でも、こちらで見る肉挽きマシーンは、大きくて重くて「マシーン」なので、それも・・・・どうかなー、といったところです。

これは、まるでコーヒードリップのようで可愛らしい♪

豚挽肉!

ミナココットさん、いらっしゃいませ♪

そちらには豚挽肉はないのですか!
仏料理には豚挽肉は普通は使わない、ということなのですね。
なぜ牛は挽いてもらえるのに豚はダメなのでしょうね?混ざるから?

ソーセージ用の味付け肉、スパイスや塩加減が好みにできないのは今ひとつですね。
時々見かける「餃子の具」とイメージが重なります・・・

これはほんとにコーヒードリップくらいのサイズです。
さすがに金属製のごついのや電動には手が出ませんでしたよ(^^;)
軽すぎてがたつくのが難ですが、非常にシンプルなのでまあいいか、と思っています。

これ、デザインも可愛いですね♪
うちにも肉挽き器はあるのだけど(夫のおばあちゃんの)ちょっと錆びてるので普段は使ってません。
ギリシャでは肉屋で挽いてもらうのが普通ですが、鶏の挽肉が無いです。言ったら挽いてもらえるところもあるのかもしれないけど...。
そう言えば、日本で売られてる挽肉は脂が多いですね。こちらは赤身が好まれるので、脂多めの方が特別注文といった感じな気がします。

鶏挽肉!

salahiさん、いらっしゃいませ♪

そちらには鶏挽肉がないのですか!
確かに、鶏挽肉は和食用というイメージがありますものね。

おばあさまの肉挽き器をお持ちなのですね♪
アンティークな雰囲気でいいなあ・・・と思うのですが、実際使うとなると、錆が出ているものは躊躇してしまいますよね。

これは貝印のとさんざん迷った挙げ句、形が気に入ったので選びました。
素材感ももう少しレトロだとよいのですけれど。結構チープにテカリます(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cocoaslab.blog38.fc2.com/tb.php/579-036ff04e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

雪柄マフィン «  | BLOG TOP |  » ガーゼとフリースのショートマフラー

ブログ内検索

プロフィール

margo

Author:margo

♪ようこそ♪

*当ブログのレシピ、及び画像や作図、デザイン等の無断転載は一切お断りいたします。

最新の記事

カテゴリ

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

過去ログ +

2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【3件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【2件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【2件】
2016年 05月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【3件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【2件】
2015年 11月 【2件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【3件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【2件】
2015年 02月 【7件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【2件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【5件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【4件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【6件】
2012年 04月 【3件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【5件】
2011年 10月 【12件】
2011年 09月 【8件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【9件】
2011年 06月 【9件】
2011年 05月 【14件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【9件】
2010年 12月 【21件】
2010年 11月 【16件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【15件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【13件】
2010年 05月 【15件】
2010年 04月 【23件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【8件】
2009年 12月 【14件】
2009年 11月 【13件】
2009年 10月 【10件】
2009年 09月 【9件】
2009年 08月 【14件】
2009年 07月 【10件】
2009年 06月 【17件】
2009年 05月 【15件】
2009年 04月 【13件】
2009年 03月 【10件】
2009年 02月 【19件】
2009年 01月 【18件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【11件】
2008年 10月 【18件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【19件】
2008年 07月 【22件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【24件】
2008年 04月 【20件】
2008年 03月 【26件】
2008年 02月 【26件】
2008年 01月 【25件】
2007年 12月 【27件】
2007年 11月 【21件】
2007年 10月 【26件】
2007年 09月 【20件】
2007年 08月 【18件】
2007年 07月 【23件】
2007年 06月 【24件】
2007年 05月 【9件】
2007年 04月 【26件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【28件】
2007年 01月 【27件】
2006年 12月 【27件】
2006年 11月 【25件】
2006年 10月 【29件】
2006年 09月 【20件】
2006年 08月 【21件】
2006年 07月 【19件】
2006年 06月 【20件】
2006年 05月 【12件】
2006年 04月 【12件】
2006年 03月 【19件】
2006年 02月 【14件】
2006年 01月 【10件】
2005年 12月 【12件】
2005年 11月 【1件】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。